乙武さんの不倫問題を考える。

乙武さんの不倫問題に関しては世間があーだこーだ言っているよりはメディアが冷静に報道しているというような印象を受けるのですが、それに被せるようにメディアでの擁護が必死過ぎてどうかな~と思った次第です。

今までの乙武さんならたいして問題は無かった

これね、今までの作家・スポーツライターという名のタレントとしてだったらたいして問題ないと思うんですよ。

問題ないっていうか外野がギャーギャーいう事じゃない。 

むしろ障害を感じさせないエネルギッシュというキャラにもあっていますからね。 

破天荒で凄いな~とか、あのレストラン実名名指し事件でも女性同伴でしたし、「調子乗ってる成功者」「傲慢」「天狗」というイメージが自分にはあってそんな好きじゃないですけど、それがあってもテレビなどでのコメントは知性的だし頭のキレる人物なので不倫なんてねじ伏せる実力があったわけです。 とんねるずのタカさんとかも同じですよね。 (教育系の仕事は辞めたみたいだし)

これから選挙に出馬しようという所だった

そもそも前々から女遊びの激しい乙武氏。 何でこのタイミングで記事が?ってそりゃー出馬がほぼ決まっていたからですよね。

政治家になった人が不倫していようが、まあやる事やってくれればそれでいいよっていうのは分かるんですよ。 

介護不足の問題に取り組んで6年間(参議院の場合)それだけ集中して成し遂げます! ってなら別に不倫とか関係ないし仕事してくれればいいよ、みたいなね。

でも、乙武さんはどちらかというと「タレント枠」なんですよ。 政策・公約云々よりも、顔が売れている・人気があるからそれだけで票が入っちゃうのが選挙の現実だったりするわけですよ。 

「こんな人に投票するんですか?」という問いかけは必要でしょう。 叩くためではなく問いかける為に報道がされているのです。

「何でこんな人が当選しちゃうの!?芸能人で人気があるから!?」っていう結果が出がちだからこそ、伝える必要があるのです。

基本給の他に与えられる税金をちゃんと使ってくれる? 

文書通信交通滞在費:1,200万円をちゃんと使ってくれる? ファーストクラスで女性同伴、スイートルームに女性を泊まらせて・・とか無駄な経費が発生するんじゃない?

という事なのです。

それを超える「断固とした政策」が見えて来て、やってくれそうだ! と思わせてくれれば良いだけで、それが出来なくはない人なのかなとも思います。

だから、これは大いに報道されるべきなのです。

実は、政治家は不倫してはいけない理論

ついでに言うと、政治家の不倫って上に書いたように関係なくなりがちですが、本来「絶対ダメでしょ」って思うんです。

昨今では離婚率がどんどん上昇していますよね。 何かね、結婚てそもそも何なの? 籍って入れる必要ある? 

ってね、時代が進んできているんですよね。 他の国では一夫多妻制だったりしますよね。

法律では不貞は犯罪ではなく、民法では離婚の際の材料にはなるよって所でしょうか。

一度結婚すると、何も理由が無ければ一方的に離婚する事は出来ません。 弁護士が介入したり役所に届けを出したりしますね。

何が言いたいかって、婚姻には国が絡んでるんですよって事なんですよ。

少子化問題に取り組んだりするんですよ。

だからね、関係大アリなんです。 少なくともこれから何の仕事をするか分からんって政治家に投票する上では大いに関係ある。 

例えばね、浮気は精神的なダメージが大きく暴力と同じようなものだ。 として今現在は離婚時の慰謝料として請求する事が出来ますが、浮気されてシングルマザーになって慰謝料も養育費も払ってもらえないなんてことだってあるわけでこれは何とかしないといけない。 例えば法的に罰するのはどうだろうか? なんていう女性寄りの政策に積極的に取り組んでくれそうかというとそうは思えないですよね。説得力が無さすぎる。

もちろんね、イケイケの政治家で「不倫に対してもっとフランクにしよう!少子化対策にもつながるし」と堂々と政策として挙げているならいいですよ。 でも現実的に絶対こんな事言わないでしょう。 聖人のような顔して演説するわけですから。

イメージで投票する以上、女の敵である。 こういった材料は報道しなくてはならないのです。

妻が謝罪の件

妻が一緒に謝罪という流れ・・これもなんだかな~えぐい部分見ちゃったな~という感じがしました。

まず、ベッキー問題で叩く大義名分として「妻がかわいそうだ」というワードが多かったので、「妻は許しています」というアピールが1点ですよね。

後は選挙となると奥さんの協力が必要だからここで「不倫された妻」のイメージだともう何が何だか・・となるのでそれを回避しなくてはならない。

もうね、離婚を考えないのであれば、「私は怒っていませんよ~」というのは絶対出さないとまずかった。ダウンタウンの浜ちゃんの時に奥さんの株が上がった件もありましたしね。

でも、ワイドなショーでアナウンサーの方が言いかけた、

『「不倫を許す奥さん器がデカい」と褒められる風潮があるけどそれってどうなの?』

っていうのが凄く的を得ていますよね。

え、何?私も許さないといけないの? おかしくない?この国狂ってない? 変えて欲しいわ。 

え?妻に「私も悪い」って謝らせたこの人が政治家になるの? 違和感あるわ。

って思いませんか? それを露呈しちゃったなと、奥さんの謝罪の事では思うわけです。 

世間に媚びを売る為に、出馬の為に、奥さんを謝らせてるわけですからね。 傲慢さを助長するだけなのです。 それが「うちの家庭はこうだから」という理屈は、幼児虐待の家庭の理屈と変わらない。 圧倒的な亭主関白な家庭ですよね。 国民はそれを理想・目標とするのか?という事なのです。 

この一点で、出馬どころか今後の芸能活動にもダメージを与える事になったのではないでしょうか? 出馬をあきらめて芸能活動だけは残すべきだった。 出馬を優先したがために、どちらも失う事になる一発だったのです。

まあ、出馬取り消しっぽいですけどね。 テレビで言っている事の論点がズレているので気になった次第でした。