朝起きたら、ナンバープレートが無い。

ナンバープレートの窃盗にあったのでその後の手続きの流れなどを記録しておきます。

スズキのアドレスV125G 125ccなのでピンクナンバーです。 

川崎市高津区で大型集合マンションの駐輪場にて。 大型マンションなので小さめ(8台くらい置ける)のバイク置きスペースや大きめのバイク置きスペースが何か所かあるような所で、古いマンションなので誰でも自由に出入りできるような所。 

防犯カメラは駐輪場にはありません。

周りのバイクはカバーが付いていたせいか、白ナンバーだからか、盗られていませんでした。 (50㏄のバイクは一カ所だけネジが外れていたのでもう一個のねじがなめちゃってすぐ外れなかったのかも?)

ナンバープレートの盗難


これ、最初はナンバープレートだけの盗難って嫌がらせかよって、思ったんですよね。 

前フリがあって、以前バイクが蹴られて倒されていて、唾まで吐かれてた事があったのです。 その時もこのマルボロのアイコス?吸い殻が入っていて。 推測ですが、なんでそこまでしたかというと、たむろってシートに座ってタバコ吸ってたら、バイクの防犯ブザーが「ビビビ!」ってなってビックリして逆上したのかな~と。

今回もまた例の吸い殻が入っていたので、同じやつだと思ったわけです。 ナンバープレートを替えれば犯罪に使えるというのは知っていましたが、自分の場合は嫌がらせの要素の方が強いんじゃないかなと。

その後、警察の方が言うには「イタズラじゃないんじゃないかなー」「ブザー鳴らさずにナンバー外すのって慣れてないと難しいし」

との事で、プロの犯行なんじゃないかなと。 ネットで調べたらナンバープレートだけの盗難も多いようです。

盗まれた後の手続き

盗難にあった後は、まず最寄りの警察署に電話します。 最寄りの警察署?正確にはどこだ?とか思うかもしれませんが、今はスマホで「●●区 警察署」とかで調べれば適当に出てくるので、とりあえずその番号に電話すれば、例え管轄が違っても住所を言えば誘導してくれるでしょう。 盗難現場と自宅が違う場合は・・多分現場の方かな?

盗難届を出さないとナンバープレートの再発行が出来ない為、必須です。

自宅にいる場合は近くの警察官が現場まで来てくれるようです。

私は「とりあえず朝の仕事があるから電車で出勤」という手段で会社から電話したので、「じゃあ帰りに溝の口の駅の交番に来てください」と言われて交番に。

交番で、被害届・盗難届を作成する為に、ナンバーの番号や車種を細かく聞かれるので何か情報がないといけません。 自賠責の用紙とか任意保険の書類に情報が載っていますね。 自宅や駐輪場に直接来てくれる場合はパトカーの中等で作成するそうです。

これが長い。 なんか別の事をやりながらだったのか、所要時間は1時間~1時間30分くらいかかりました。

その後、現場に警察官1名と同行。 

指紋などを採取


意外だったのが、ナンバープレート周りの指紋採取などを”一応”やってくれたという事です。 朝気づかなかったボルトもありました。 

まあ、結局「何も出なかった」で終わったんですけどね。 それと、距離を測る?みたいなことを言っていましたが、メジャーを忘れたとかで後はやっとくので。と言われてこれにて終了。 やった内容はかなり薄いですが時間は2時間くらいはかかったと思います。

しかし、必須なので仕方ない。 

市税事務所でナンバープレートを再発行

さて、警察とのやり取りはこれで終わりました。 次はナンバープレートの再発行です。

125cc以下の場合は、管轄が陸運局などでは無く「市税事務所」だという事で市税事務所に電話して必要な物をききます。

・被害届の受理番号
・免許証
・ハンコ

これだけでいいそうです。 とにかく被害届を出したという事実が確認出来ればいいって感じですね。

じゃあ、これもうその日のうちに再発行して今すぐ乗れるのか!? 

と思い、早速さっきの溝の口交番に駆け込みます!

「さっきの被害届の受理番号を控えさせてください!」

被害届の受理番号は数日かかる?

すると、「受理番号の発行まで数日・・下手したら1週間くらいかかるよ~ ここ(高津警察署)に電話して聞いて」

との事でした。 交番で作成した被害届の書類が、高津警察署に行って、書式に間違いとかが無ければそこで受理っていう人力の作業がワンクッションあるので少なくともその場では発行してくれませんでした。

雰囲気的に「遅そう~」な空気だったので翌日は早いかなと思い、翌々日の朝に電話したらあっさり番号を伝えてくれました。 

ちなみに、たった3桁の番号でした。 これ、昨日でもよかったんじゃないかな。

市税事務所に行ってきました

月曜日に盗難発覚→当日に被害届作成
水曜日の朝に受領番号を聞き、それさえあればすぐにナンバー再発行

という流れでした。 火曜日は先入観と自分のスケジュールで「まだ受領されてないでしょう」と思い込んでいましたが急ぎの方は電話して確認してみても良いでしょう。

高津区の市税事務所は、溝の口の駅の裏の区役所の先の坂を登った所にあります。

・被害届の受領番号
・免許証
・ハンコ

があれば15分~30分程で新しいナンバーが発行されます。 (125cc以下の場合です。それ以上は陸運局)

ハンコは必須で、忘れたから母音やサインで・・というわけにはいきません。 ハンコが一番他人でも用意できるのに・・日本のおかしいところですね。

大体区役所等の近くってハンコ屋さんがあるもので、溝の口の場合も窓口の人に「近くにハンコ屋ありますか・・」と聞いたらすぐ教えてくれました。 そして、80円くらいで買えました。100均だと名前があるかないか・・という微妙な苗字でしたがあってよかったです。 ちなみにこういう需要に向けてスピード作成というサービスもやっていました。

てことで、無事ナンバープレートを再発行(ナンバーの番号は新しくなります)

これで乗れるぞー!と思ったら、まだもうちょっと手続きがあります・・

自賠責保険のシールを再発行にバイク屋へ

そうなんですよ~ 誰もが入らないといけない「自賠責保険」このシールってナンバープレートに貼り付けるのが義務なので、ナンバープレートが盗まれたという事はシールも盗まれているので再発行しなくてはいけないのです。 これも法的に絶対しないといけないやつです。

自賠責保険ってコンビニでも加入できるぐらいなので、自分でやっていた場合は簡単かもしれません。 私の場合は中古で買ったバイク屋さんにそのままお願いしたので一旦バイク屋さんに出向き、発行されたら郵送してもらうというちょっと手間な感じでした。

自賠責には入っている。自賠責のステッカー無しで走ってもいいのか?

で、気になったのがバイク屋まで若干距離があるのでバイクで行きたいんですよね・・ナンバーは再発行したし、乗ってもいいのか?

ネットで調べた所、「自賠責に入るのも義務、ステッカーを貼って走るのも義務」なので道路交通法・・ではなく、自動車損害賠償保障法でNGなんですね。

ただ、ステッカーが無い事で警察官に止められた場合、加入しているという書類があって、かつ正にこれからそのステッカーを発行しに行くのだ。という事が伝われば、見逃してくれる・注意される程度で済む可能性が高いとの事です。 現実には。 

※追記・・警官には止められて注意されますが、道路交通法では無いので、切符をきるとかそういうんじゃないそうです。 起訴されて・・と大事にするのも税金の観点からしても無駄使いになるので、少なくとも自賠責にちゃんと入っている人ならそこまで大事になる事は無さそうとの事。 ちなみに大事=30万円以下の罰金だそうです。

ナンバーを再度取り付ける際の注意点


注意って程の事も無いんですけど、新しいナンバーを付けた際に、二回しくじったのでそのメモを

その1・・ナンバー再交付してもらった時に、ボルトとナットがなかった

陸運局とかでナンバー交付してもらう時って、だいたいビニールの中に取り付けるボルトも一緒に入っていません? これが無かったんですよね。 言えばくれたのか、無いのか分からないのですが、とにかくなかったわけです。 せめて気づいて聞いてみればよかったと。

左のボルトはその辺に転がっていたのですが、右はボルトごと引っこ抜かれちゃったみたいでボルトが無いのですぐには取り付けが出来ないという状態なんですね。

盗難防止用のボルトを購入したらナットが無い件

どちらにしても購入していたとは思いますが、「盗難防止用のボルト」ってのが売っているんですね。 

普通のプラスドライバーじゃ簡単に取れないよってやつ。

これが一番評判良さそうだったのですが、楽天よりamazon派の私は、amazonでJCCロックで検索して、

これを購入。  検索して出てきたので先入観でJCCロックだと勘違いして購入しましたが別物。


4個のボルトがセットになっているけど、ナットが無い・・ 車用だからか!

って事で、ナットをホームセンターに買いに行きナットをゲット。 

ナンバープレートを取り付けるだけで2日かかりましたよ。

カーメイト 車用 ナンバープレート セキュリティボルトレビュー

ちなみに、amazonで買った、「カーメイト 車用 ナンバープレート セキュリティボルト」ですが、確かにプラスドライバーでは開けられません。 

ただ、バイクの場合は後ろのナットをレンチで回したら外れるかもしれません。 ちなみに、専用工具がパッケージの中に入っているのでナンバー窃盗のプロがいるとしたら、この工具ぐらいは持ち合わせているんじゃ・・ もしくは嫌がらせなどで狙っている車両なら取り寄せればすぐに盗られちゃうのでは・・という感じです。 

JCCロックの方は最後に蓋をするような形で「簡単には外せないけどいざとなったら外せる」というような物らしく、こっちの方が良かったです。

自賠責のステッカーを郵送していただいて完了

自賠責の保険をどうやって申し込んでいるかという個人差がありますが、私の場合は、バイク屋さん→自賠責保険屋さんというステップを踏んでいるのでステッカーがバイク屋さんに届いて、そこから郵送していただくという形をとったのでかなり日数がかかります。

まだ届いていないので届いたら更新します。