メルカリの売上金が失効してしまいました。

メールでは、
下記の売上金に関しまして、振込申請期限を超えたため、振込申請及びポイントの購入ができなくなりました。

と、オブラートに包まれた書き方をしていますが、売り上げ金が失われた=預けていたお金が失われたという事なので結構重大です。

知らなかったわけでは無くて、なんとなく思い違いをしていたせいでこのような結果になってしまいました。

同じ失敗をしないよう思い当たる節がある方は目を通してみてください。

また、一応お問い合わせもしてみたので、「返ってこないとは思いつつも、ひょっとしたら返ってくるのでは・・」と希望を持っている方もご覧ください。

メルカリの売上金の失効とは


メルカリは、ご存知、誰でも不用品やコレクターズアイテム等を自由に出品する事が出来るフリマアプリです。

ヤフオクとの違いは、全てが即決価格なので買う側のニーズに合わせてヒットしたと言ってよいでしょう。

売る側としては、「こんなものいらない」と思って出した商品が思いがけない価値があったっていう事がなくなり、
買う側としては「え!?これがこんな値段で!?ラッキー!」という買う側に有利なアプリなので、宝探し気分で毎日ログインしてしまうという人も多いでしょう。

さて、メルカリで商品が売れた時、そのお金は一旦ユーザーからメルカリがお金を強制的に預かるシステムになっています。

そのお金は「売上金」としてすぐに手元には入らずメルカリにプールされている状態です。

売上金を使ってメルカリの商品を買う事が出来るので、銀行振り込みをするとそのタイミングで手数料がかかる事もあり、殆どの人はすぐに申請をせずに、とりあえずプールしていると思います。 1万円以上だと手数料が無料なので他の商品が売れて1万円を超すのを待つというパターンもあります。

さて、今回の問題はその売上金を3か月そのままにしていたら失効してしまった。という事です。 つまり、銀行に預けていたお金が0円になったのと同じ事なのです。

お金を預かっていたと考えるとこれって法的に問題はないのでしょうか? その辺は置いといて、この記事では貴方が同じ失敗をしないように、経緯をさらに説明します。 なんで私は放っておいたのか?

メルカリから連絡は事前に何度か来ていた


メルカリから、「売上金が失効しますよ」という旨の連絡は何度かありました。

知らぬ間に売り上げが無くなるというのは流石にヤバいです。

私はそれを知っていてこういう結果になってしまったのです。

何故かというと、私の心理的には「売上金の振り込み申請期限?なんだそれ?面倒くさい」から始まり、

しなかったらどうなるの?と思ったら、

※振り込み申請期限までに申請いただけなかった場合、売上金から手数料を引いた金額を、ご登録済の振込先口座に振り込ませていただきます。

という一文があったので、

「じゃあ、申請してもしなくても一緒じゃん」

って思ってしまったのですよね。 ここが今回の記事のメイン部分です。

メルカリはあまり利用していないけど1年以上は売買をしているので、既に銀行振込口座は登録済かと思ってた。

今まで、売上金を使って買い物をしていたせいなのか、新しくこの制度が始まったのか分かりませんが今までは売り上げを上手く3か月以内にたまたま買い物に利用してきていたようでした。

再度繰り返しますが、長年使っていたのでてっきり既に銀行振込口座は登録済かと思ってたのです・・しかし、実際は口座の登録をしていませんでした。 嘘?まだだっけ?と思いました。

なので、こうならない方法は、

①きちんと銀行口座の登録情報を確認するか、

②面倒でも申請しましょう。

③期限までに、何か買おうーとか思わない

当たり前のようで出来なかった事です。

申請しようと思ってパソコンを開いたらログインが上手くできなくて面倒くさいと思ってしまったり、まあいろいろあったのですが、とにかく自主的に放っておいたのです。 だって自動で振り込まれるって書いてあるんだもん。 ダメだった時の事は考えていませんでした。

その下に、こう書いてあります。

まだ振込先口座をご登録いただいていないか、登録いただいている銀行口座情報が間違っている場合、振り込みが行われず振込申請及びポイントの購入が出来なくなりますのでご注意下さい

現在は、この状態になっているという事です。

愚痴・この件で思う事

この件に関しては、80%くらい「やっちゃったなー仕方ないなー」とは思っているのですが、同じような思いをした方と「そうそう」「だよねー」と共感してもらえるかもしれないので、20%思う事を書いておきます。

まずは、申請のメールで貴方は銀行口座の登録がされていないのでしないと失効になりますよという書き方だったら間違いなくしていたんだけどな・・

という事です。 赤字とかでさ。

後は、もっと法的な話になりますが、

振込申請が出来ず、ポイントの購入が出来ない状態

これって何ですか? 現在は、宙に浮いた状態なのです。

じゃあこのお金は何処に行くのか?は記載がありません。 寄付されるのか、メルカリ運営元の売り上げとなるのか?

売上金を諦めるとしても、せっかくなのでここだけは明確にしたい所です。

そもそもは、私の商品を第三者に売る事で得たお金なので私のお金である事は間違いないのです。

このお金をメルカリが預かっていたという事であれば失効するというのは法的にあり得ないと思うので、おそらく別の名目になっているはずなのです。 その理屈を知りたいですよね。 その理屈次第では、売上げという表現が正しくないと言えるかもしれない。

なので、まだお問い合わせによって振込申請が出来たりポイントの購入が出来る状態に戻せる可能性が法的になくはないとも思えるのです。 昨日の今日だし。

という事でお問い合わせはしてみました。

お問合せしたら戻ってきた


お問い合わせをしたら早い段階でこちらの返信が届いて

売上金失効のメールに、お問い合わせ方法がすぐに書いてあったのでなんとなくそんな気はしていましたが、すぐに売上金が戻りました。 よくあるケースなのでしょうか。

・90日以内が有効期限
・次回からは受け受けない
・あくまでも特例

等、条件がありました。

私の場合は翌日だったから等も理由になるかもしれないです。 速攻銀行登録をして申請完了です。 これで次回からは自動で振り込まれるので問題は解決です。

ちなみに、90日以内に申請をしなかったら勝手にその売上金をメルカリがもらってもよいものなのか?という点が法的にアリなのか疑問です。 

13条に書いてあるというので確認すると、このような記載がありました。

弊社が振込手続を行ったにもかかわらず、弊社の責めに帰すべき事由なく振り込みが正常に完了しない場合には、弊社は、当該出品者が、当該商品代金相当額の支払請求権を放棄したとみなすことができるものとします。

https://www.mercari.com/jp/tos/

支払請求権を放棄したとみなすという表現はなるほどですね。

13条だけを見ると、サイト側としては出品者は売り上げがたったら速やかに(90日以内に)申請をすべし(もしくは商品購入すべし)、とあるのですが、それは建前で、

メルカリの本音としては売上金を商品購入に回して欲しいので、商品を購入するか、ギリギリになってもいい商品がなかったら、振込申請してね

という所ですよね。 

結果、売上金を商品購入に自然と回し続けてきて、ギリギリまで申請をしなかったがために、こういう結果になるというのは割と自然な流れだったのではないかと思うのです。 (まあ、だから戻してくれたんでしょうけど)