初めてこのようなものを飲んだもので感想を

ウット(WUTT)を服用してみた理由

「ヤバい・・どうしよう」という出来事があって、心がどうしてもモヤモヤするし、寝ていても何度も起きてしまう、目が覚めて寝付けないという状態に陥ってしまい、

でも、病院に行くほど酷いわけでもない、でもツラいはツラいという微妙な精神状態だったため、こういう心の病を少しでも和らげる市販薬はないかと調べた所、結構売っているようで初めてこういう薬の世界を知り興味を持ちました。

この、言い難いモヤモヤなのか、頭の重さなのか、寂しい感じというか、人によって表現の仕方が違うので何とか伝えたいと思うのですが、ドキドキも少しする気がするし、オドオド、手がつかない、考えても何も解決しないのについつい考えてしまうとか、恋が上手くいかない時も同じような症状が起こっていたと思います。 食欲は無いわけではないけど、あまり脂っこいものは食べたくない夏くらい。

ウット(WUTT)を選んだ理由

昔の風邪薬なんかでも眠たくなる成分が入っていたように、睡眠を促進するような成分の比率が多いものもありましたが、その中でも比較的

眠くならない・心を落ち着かせる

という特徴が他と違うと思い、薬局で買ってきました。 薬局では、「第二医薬品」なので専門の方からの注意を受けました。 

ウット(WUTT)を服用する際の注意

注意点は2つです。

・眠くなる成分もあるので車の運転等はしない事。
・他の鎮静剤など、他の薬と一緒に使わない事。

実際に服用した感想・効果

実際に服用してみました。 1回1錠とあり、1日3回まで食後に服用しても良いとの説明書きがあります。 

買ってすぐに飲んだため、お昼を12時頃に食べた後の14時頃に服用しました。

心のもやもやや、気分の問題ではあるものの、服用して1時間もすると確実に頭や心の「嫌な感じ」「モヤっとする感じ」が抜けました。 

これ、地味にめちゃくちゃ凄いかもしれません。

他の方の口コミだと、頭が冴えるというような表現をされている方もいましたが、「よし、頑張ろう!」という元気になる感じはしません。 ただただ地味に、あの嫌な感じだけがスっと抜けたような、日常に戻ったような感じがしました。 

眠くなるような気はしましたが、そこまででもありません。

その後は夜まで特に問題なく生活できて、夜はぐっすり眠れましたが、朝起きるのがいつもよりつらかったような気がします。 これはまたレポートします。

翌日の話

翌日は、朝起きて出勤した頃から気分が重くなりました。 ちなみに、現在抱えている心配事は会社に関する事ではないので出勤する事で気が重くなったわけではありません。

もう治ったと思ったのに、結局朝から意味もなく気が重いのでまた14時頃に服用。 すると、また1~2時間もしたら「あれ、やっぱりモヤモヤしない」となったので、効果を確信しました。 仕事に支障が出るような眠気もありません。 お酒を飲んだようなふわーっとする感じも無く、ただただ地味にモヤモヤしないというだけです。 仕事人の仕事のような所業です。

あくまでも個人的な感想で、推奨するものではありません。 薬事法的にもあまり下手な事は書けませんが自分が買おうと思った時に誰かしら一般の方の実際に使ったフラットな感想の記事が役に立ったので私はこうだったという感想をやはり書いておきたいと思いました。