ベッキーとゲスの極み乙女の川谷絵音さんの不倫劇(本人は認めていないけど)が世間を賑わせていますね。

さて、矢口真理さんの時もそうでしたが何で世間は「怒っている」のでしょうか? 一人の人生を終わらせてやろうくらいの勢いをYahoo!ニュースのコメント欄からは感じます。

その多くの大義名分は「奥さんの気持ちを考えろ!」です。

ん? 身内や友達の事で怒るならまだしも、全然関係ない人の不倫で何でそんなに怒るのか? 

ベッキーは不倫しない人という職業・プロだったからです

見出しで結論を出してしまいましたが、そもそもタレントという職業。 この正体について業界も世間も、その特殊性を忘れてはいけません。

ベッキーのお仕事はタレントさんですよね。芸能人。 例えば数時間CMの撮影をするだけで何千万円というお金がもらえるお仕事なのです。

具体的には今回の報道で、1本2,000万円という数字が出てきましたよね。 この金額、冷静に考えたらとんでもない額なんですよね。 狂っているとしか思えない。 

それでもそこに文句を言う人はあまりいません。 つまり、「スターだから」「特別だから」という意識は一般の方々にあるのです。

で、世間は何でベッキーが1本のCMで2,000万円ものギャラを得ても文句を言わないのか?

野球選手がCMに出れば「あの人は野球で特別頑張ったから」
可愛い若い子がカルピスのCMに出るのは「特別に可愛いから」

世間にとって芸能人は特別な何かを認めているから高額なギャラに対して納得しているのです。

ベッキーは、「清純派でしっかり者のイメージの女性で世間から好感があり、この商品は大丈夫ですよという印象や、座っている事でこの番組はしっかりした番組ですよ・教養もありますよ、という印象を与える」という後半部分までが職業だったのです。 

それが、不倫という主婦層の最大の逆鱗に触れてしまったからこそ、「話が違うやんけ!」「もう、その職業は成立しないよ!」と怒っているのです。 

安倍首相が例え話として「妻が月に25万」って言っただけでツッコまれてましたよね?(そこツッコんで何の意味があるの?って話なのですが)

これは1ヶ月で25万円もパートで稼げねえぞ!っていう怒りなのですが、その感覚のまま、その感覚のまま・・・

1本のCMで2,000万円も稼げる職業てどう思います? もう一度言いますよ「世間からの好感度が高い女性」という職業・プロだったのです。

世間は、「私たちからの好感度は下がりましたよー!!」って必死にアピールをしているのです。 

芸能界はそれに気づくまでが遅く、知っていても無理やり起用し続けて忘れさせようとする傾向にある事が分かってきましたから今度こそはと声を大きくしているのです。 

矢口っちゃんの例もあるし前もって「どうせ起用し続けるんだろう?」というのが根底にあるから今度こそは!と聞いてほしくて声を大きくしているのです。

奥さんの気持ちを考えて怒っているというのはあくまでも大義名分なのです。

面白いテレビ番組に期待しているのです

そもそも、世間が納得って何? 稼げてズルいと思うなら芸能界に入れるものなら入ってみろよ。 と上の文章を読むと思うかもしれません。

でも、誰も芸能界入りした事に文句は言っていないですよね。 ここで言っているのは、「今後は認めないから芸能界から降ろせ」と言っているだけなのです。

ここで、何でテレビのキャスティングなんかに世間が口出しするのか? 世間が許すって何? 「嫌なら見なければいい」という言葉も流行りましたよね。この言葉の続きには「視聴率が悪ければ嫌でも番組編成を考え直すから」という補足があるのですが、

地上波のチャンネルって少ないんですよ。

既得権で独占しちゃってるんですよ。(新規で立ち上げるのは実質困難)

嫌いな人がテレビに出てるのは嫌なんですよ。 楽しみにしているテレビのチャンネルがさらに減っちゃうんですよ。 楽しい番組を期待しているんですよ。 

この反応はまだテレビに期待しているという現れなのですよ。  だから起用しないでおくれよ、と訴えているのです。 そしてその声が大きいのは、いつもその声を聞いてくれないからです。

その期待の声に対して、「嫌ならチャンネル回せばいいじゃん」という趣旨の発言は、一番言っちゃダメなセリフなのです。 

つまり、この声に気づかなければテレビ業界はさらに衰退していくでしょう。